ネット通販で買える睡眠薬

寝ても2~3時間ですぐに起きてしまう方のための睡眠薬。精神科などで処方してもらえますが、抵抗がある方も多いでしょう。睡眠薬は様々な種類があり、その数多くがネット通販でも購入が可能です。

ネット通販で買える睡眠薬

睡眠薬で有名なマイスリー

「眠れない」という経験をした事がない、という人はおそらくいないのではないかと思うくらい、「眠れない」という症状はありふれた症状です。
現在日本人の10%~30%の人が、何らかの睡眠障害に悩んでいると言われています。

睡眠障害に悩む人には睡眠薬が処方されますが、作用時間によって、超短時間型、短時間型、中時間作用型、長時間型があります。

マイスリーは超短時間型の睡眠薬で、寝つきの悪い人に向いています。

睡眠障害と一口に言っても、寝つきの悪いタイプ、一旦寝付いても夜中に目が覚める中間覚醒タイプ、朝早くに目が覚める早朝覚醒タイプ、起床時に熟睡感がない熟眠障害タイプと、いろいろなタイプがあります。

睡眠薬は睡眠障害のタイプに合わせて選ぶことが重要です。

マイスリーは、就寝する15分から30分前に服用するのが望ましいと言われています。
血液中の濃度が最大に達するのが、服用後0.8時間という実験結果があるためです。即ち48分後に効果が最大になります。

そして、血液中の濃度が半分になる半減期は2時間後です。

すばやく、血液中の濃度が最大となり、数時間後には半減しているので、起床時にまだ薬が残っていてふらつくといった心配のない睡眠薬です。

寝つきの悪い人には、マイスリーを就寝20~30分ほど前に5mg~10mg服用させる事が多いです。

マイスリー使用時の注意点は、肝臓障害のある人には禁忌となっているということです。

肝障害のある人には、ハルシオンを使用します。

また高齢者の場合は、認知機能の低下やせん妄を引き起こす可能性があるので、慎重な投与が必要です。
せん妄の予防には、単独投与はさけて、向精神病薬と併用することが推奨されています。

腎疾患や呼吸器疾患のある人も慎重に投与する必要があります。

マイスリーは、広く使われている睡眠薬なので医師も副作用は心得ています。「おかしいな」と思ったら、遠慮なく主治医に報告しましょう。

MRI検査に睡眠薬を用いる理由

 MRIとは磁気共鳴画像のことで、磁石と電気の力によって目には見えない身体の内部を画像化して病気の有無を検査します。これによって身体の奥深くで進行している病気を発見することができる、便利な検査法です。レントゲンやCTのように放射線被曝の恐れもありませんし、検査中の痛みもありません。
 このように病気の早期発見に欠かせないMRIですが、検査をしている時に動いてしまうと、画像が鮮明に撮れないという注意点があります。検査する部位にもよりますが、MRIには通常20分から40分ほどの時間を要します。その間、ドームのような狭い検査機の中にすっぽりと入り、じっと身動きせずに大人しくしていなければなりません。小さいお子さんの場合は検査が終わるまで身動きせずにいるということが難しいので、軽い睡眠薬を使って眠らせて検査します。
 また、大人の方でも閉所恐怖症の方にとってはMRIは鬼門です。閉所恐怖症の方は検査機に入るだけでも緊張を強いられるので、やはり睡眠薬を使って眠らせてから検査する場合もあります。もし、MRIをすすめられているが閉所恐怖症のため躊躇しているという方がいらしたら、一度睡眠薬の使用について医師と相談されることをおすすめします。
 通常使われる睡眠薬は軽いもので、うとうとする程度のものを使用することが多いのですが、恐怖心が非常に強かったり、どうしてもしっかり眠らせる必要がある場合には、強いものを使用することもあります。また、最近はこれまでよりも閉塞感の少ないオープンタイプの機械も出てきました。睡眠薬の出番を減らしてくれるかもしれません。
 MRIは身体に負担をかけずにこれまで難しかった脳や心臓の画像を撮ることができる素晴らしい検査法です。睡眠薬を使ってでも、やはり必要があれば受けておきたい検査と言えるでしょう。
 

マイスリーと通販しているデパスの違い

人は日常において何か不安な事や悩みを抱えますと、それがストレスになり精神的に大きなダメージを受けることになります。
それがやがて体調にも影響を及ぼし、睡眠障害などを引き起こすようになるのです。
原因がわかるものであればその点を改善していけばよいのですが、睡眠障害に陥る原因がよくわからないということが多いわけです。
それでも夜に眠れないとなれば、睡眠障害を改善していくことが先決であるとしそれにふさわしい方法として医療機関の受診を行うのが望まれます。
どこのクリニックへ行けばよいかは睡眠障害の場合、精神的ものが大きく関与していることがほとんどですから心療内科や、精神科といった場所が適していると言えます。
そこを受診しますと医師からデパスやマイスリーといったお薬を処方されることが多いのですが、それぞれの効能としましてデパスは主に不安感な気持ちを静め気持ちをリラックスさせる効果があり、入眠しやすい状況をつくってくれることをします。
一方、マイスリーの方はと言いますと睡眠薬として取り扱われ、作用効果は高いとされますが体にはやさしく効いてくれるものであります。
睡眠障害に役立つ効能がそれぞれにあるわけですが、いずれも睡眠薬として用いるにふさわしいお薬として処方されます。
夜に眠れないとなれば日常生活にも影響を及ぼすことから、早目の解決が望まれるようになります。
眠れない状態を我慢していますと、うつ病へと進行する場合が多いことから睡眠薬に抵抗を感じることなく服用することが正しい選択だと言えます。
睡眠薬に対して怖いとか使用するとやめられないのではないかと不安に思う人もいるかもわかりませんが、医師の指示通りに従って服用すれば問題になることはありません。
■気持ちをリラックスさせて眠りへと誘う効果がある睡眠薬
メロセットで安眠促進